行政書士試験/日程(26年度)

行政書士の国家試験は毎年11月に行われる。で、発表は翌年の1月。
これが毎年のパターンなのだ。

ちなみに私が受験した平成26年度の試験の概要は以下の通りである。

平成26年度 行政書士試験 試験案内(抜粋)

【受験資格】
年齢、学歴、国籍不問
(つまりサルでも受験可能だってこと!)

【試験日時】
平成26年11月7日(日)午後1時~4時
(休憩なしの3時間ぶっ通し!始まる前には必ずトイレに行っとくべし!)

【試験科目】
1)行政書士の業務に関し必要な法令等(出題数46題)
憲法、行政法(行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法及び地方自治法を中心とする。)
民法、商法、基礎法学の中からそれぞれ出題。
法令については、
平成26年4月1日現在施行されている法令に関して出題される。
(法学部とか出た人はかなり有利だけど…気合いが肝心!)

2)行政書士の業務に関連する一般知識等(出題数14題)
政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解
(文章理解ってのが意外とクセモノだったりするが…これも気合いで!)

【出題形式】
「行政書士の業務に関し必要な法令等」…択一式及び記述式
「行政書士の業務に関連する一般知識等」…択一式
(記述式の問題は、40字程度の記述。択一式はマークシート)

【試験会場】
北海道から沖縄まで試験を受ける地域によって異なるが、ほとんどが地域内の大学キャンパスで行われ、地域によっては高校ホテル自治会館などが
試験会場になる。受験する場所は先着順で決まるので、
受験したい候補地があったら早めに出願するのがベター。
決定した受験会場は受験票に記載されて知らされる。

【申込み手続き】
郵送インターネットで申し込める。

受験手数料はどちらで申し込んでも7,000円
ただし、インターネットの場合は受験料の支払いはクレジットカードのみ。
だからクレジットカードを持っていない人は郵送ってことになる。

郵送の場合は受験願書を入手して、所定の用紙に必要事項を記入して
(財)行政書士試験研究センターへ送付する。
受験手数料は郵便局での払い込みになる。
(返信用封筒とかもいるし、ちょっとめんどう…)

詳しくは、
財団法人行政書士試験研究センター
〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1-3 市政会館1階
 試験専用電話番号 03-5251-5600
へ問い合わせるか
http://gyosei-shiken.or.jp/index.html
へアクセスして調べてみよう!

ちなみに次回(平成28年度)の試験日程はまだ正式に発表されてない。
27年度の発表の後かな?
いずれにしても毎年11月の第二日曜日だと思っていればいいと思う。