映像の学習効果?

最近の動物園では、飼育されているサルのストレスを軽くするため、
テレビを見せてくれる施設などもあるらしい。
人間様もやっとわれわれサルの生態系を理解するようになったということかしら。

というわけで今度は映像の話。
それはもち、行政書士の法律知識を視覚と聴覚を活用して学習する講義DVDのこと。
DVD教材があるのとないのでは、学習効果もまるで変わってくる。
通信講座でもDVDを用意していない会社もあるので、そういう教材には絶対手を出してはいけない。

●自宅学習だからこそ、刺激や変化が大切
テキストを読むだけで予備知識を全部憶えてしまう芸当は、
サルにはムリ。
まして法律を勉強したことがないという方ならなおさらだ。
行政書士のテキストには、法律知識が皆無のサルにとって、
読み方さえわからない専門用語もたくさん出てくるのだから。

ところが、DVDの講師が条文を読み上げてくれたり、
ボードを使って解説してくれると、とたんに勉強に取りつきやすくなる。
人に読んでもらうとサルの頭にもよく入るのだ。

映像学習は変化があることもサルのお気に入りだった。
テキストだけに向き合う単調な勉強法とは大違いである。
飽きっぽくて集中力のないサルの私にも、ビデオ学習なら2時間はラクラク続けられた。
行政書士の試験対策は、モチベーション維持との戦でもある。
日々の学習に刺激を取り入れる対策は決して忘れてはならない。

●映像を繰返すことで憶えられる!
DVD(映像学習)は、何度でも繰り返して視聴できる。
その学習効果の大きさにサルの私が気づいたのは、
同じビデオを3~4回繰り返したあたりだったと思う。
散歩をしている時でも、講師の声がどこから聞こえてくるような状態になるのだ。
これはもしかして幻覚?
いやちがう!サルには上手く説明できないけど、
脳のどこかに音声が染み付いてしまったらしい。

ネットを調べたところ、
なかにはフォーサイトのDVDを10回以上も視聴した、
豪腕の先輩諸氏も見つかった。
視聴覚教材を繰り返す勉強法を好むサルは、どうやら私だけではないらしい。
この効果だけは、通学講座ではどうにも期待しようがない。
そこのところをよくよく考え講座選びをしてほしいと思う。